★【 MENSAについて。】 世界的高IQ者集団メンサとは?を現役メンサ会員 宮地真一(シン)が語ります。

メンサ会員歴15年以上

日本にメンサ支部が誕生する以前からMENSA会員

宮地真一シン記憶力ギネス世界新記録樹立者)が、世界的高IQ者集団MENSAとは?メンサって何? に

言える範囲でお答えします。僕ならではのエピソードも。
※メンサ会員であると同時にメンサのイチファンでもある宮地真一の、
あくまでイチ会員としての独断と偏見を含む個人的見解です。よってご参考までにお読みください。

※随時加筆予定。

現役メンサ会員宮地真一が世界的高IQ者集団メンサとは?にお答えします。MENSA会員にはどんな凄い人がいるの?MENSAは天才集団って本当なの?メンサ会員になるメリットは?メンサ会員になる方法とは?メンサ会員同士でどんな話をしているの?映画やドラマや漫画の登場キャラにもメンサ会員は存在するの?芸能人など有名人のメンサ会員は?

Q:メンサとは?

 

1946年、弁護士のローランド・ベリルと科学者で弁護士のランス・ウェア博士によってイギリスで創設された世界人口の上位2%のIQの持ち主であれば、誰でも入れる国際グループ。 世界100ヶ国以上に10万人以上の会員を持つ国際クラブ。

 

Q:メンサ会員ってどんなヒト?

 

メンサに入会しているIQ148以上の人達

JAPAN MENSA公式HPにも記載されている様に、様々な職業や立場の人達が在籍しています。

大学教授・警察官・ドライバー・消防士・芸人・俳優・CA・パイロット・脳科学者・先生・政治家・弁護士・司法書士・行政書士・公認会計士・中小企業診断士・税理士・医師・薬剤師・漫画家・YouTuber・経営者・進学塾講師・会社員・声優・アナウンサー・料理研究家・作家・セミナー講師・予備校講師・プログラマー・フリーター・芸術家・画家・メンタリスト・プロ家庭教師・臨床心理士・音楽家・自衛隊員・落語家・小学生~大学生も。

己がメンサ会員である事をSNS等で公開する人も多くなってきました。

芸能人や文化人などの有名人も増えてきましたね。

 

ちなみに、2020年7月4日にフジテレビで全国放送された人気のテレビ番組「超逆境クイズバトル!!99人の壁 ー 小学生VS生まれながらの天才!メンサ軍団SP」では、約100名の様々な職業のメンサ会員がリモート出演しました。

 

尚、メディア等で「天才集団」「天才クラブ」と紹介される事がありますが、 

 実際「ザ・天才」的人物にちょくちょく出会えるのもメンサの面白いところ。
単に感覚的なものではなく、実際に社会で評価された桁外れの業績だったり経歴・学歴であったり特技・能力であったり職業だったり。

 

メンサの入会条件は「IQ148 “以上”」なので、

IQ148の人もいれば、IQ160の人もいるし、IQ180の人もいます。

つまり、「100人中の上位2名」クラスの人もいれば、数万人数十万人に一人の天才もいるという事。

これはもう、「メンサに入会する」イコール「とんでもない天才と出会えるかも」という、天才好きからすると正に「天才宝くじ」を買うのと同じなのです。

僕は、頭脳でもルックスでも体力でも経歴でも自信でも優しさでも、何か一つでも飛び抜けたモノがある人が好きなので、個性と才能の宝箱であるメンサが大好きなのです!

 

天才と出会いたい!天才が好きだ!!多分私は天才だと思う!!!という方は、

是非、入会をお勧めします。(^O^)

Q:映画やドラマやアニメなどの登場人物にメンサ会員はいますか?

 

いますね。日本の作品では見ませんが、海外の作品ではよく見ます。

例えば、アメリカのアニメ『シンプソンズ』に登場する「リサ・シンプソン」がそうです。学校の成績はほぼオールA。IQ200の天才児でMENSAのメンバーです。

また、Netflixで爆発的な人気となった韓流ドラマ『梨泰院クラス』の「チョ・イソ(演:キム・ダミ)」もそうです。

受験した大学全てトップ合格する学力の持ち主で、絵心も有り、高度のソシオパス。高知能者あるある満載の天才です。
フォロワー数76万人の有名インフルエンサーで、愛するパク・セロイ(演:パク・ソジュン)の夢や目標を叶える為に大活躍します。
ちなみに、劇中なんと「メンサコリア(Mensa Korea)※メンサの韓国支部」の会員証が映ります!

しっかりと「IQ162」とも記載されていて、気付いた時はテンション上がりまくりました。(*´-`)

ちなみに梨泰院クラス。毎回泣ける大好きなサクセスストーリーです。

 

余談ですが、以前福岡のオフ会に韓国人のMENSA会員がゲストで来られたのですが、超有名な世界トップクラスの投資銀行で活躍する正にスーパーエリートでした。しかもイケメンの好青年という!

いや勿論、福岡在住日本人メンサ会員も凄いヒトいっぱいいますけども!

 

あと、韓国ドラマ『青い海の伝説』の「ホ・ジュンジェ(演:イ・ミンホ)」もそう。人魚と恋に落ちるルックス抜群の天才でした。

相続者たち』の「チェ・ヨンド(演:キム・ウビン)」もそう。

超名門高校に在籍するホテルゼウスの御曹司IQ150のメンサ会員です。

バッドガイズ -悪い奴ら-』の「イ・ジョンムン(演:パク・ヘジン)」もそう。12歳でIQ165を記録し、韓国メンサ最年少合格者となったサイコパス

数学や哲学など複数の博士号を取得した天才です。ずば抜けた記憶力を持つ博覧強記でもあります。

「星の金貨」のリメイク版『春の日』に登場する医師「コ・ウンソプ(演:チョ・インソン)」は、好きな人の前でルービックキューブを回しながら自らがメンサ会員である事を告げるシーンがあります。

 

また、“メンサ”という名称こそ出ていないものの、メンサを匂わせるキャラが登場した作品もあります。
君に捧げる初恋』の「ソン・テイル(演:チャ・テヒョン)」です。

IQ148なのに勉強ができない高校生(全国テストで30万位台)。

大好きなイルメ(演:ソン・イェジン ※大人気ドラマ「愛の不時着」のヒロイン!)の父でもある担任教師ヨンダルから「全国テストで3000位以内・ソウル大学法学部合格・司法試験合格・・・すれば結婚を許す」と言われ猛勉強。

結果は?クセのある天才が本気を出したらどうなる?という内容で、

IQ148」というのがメンサを意識してる感満載です。
余談ですが、突如やる気を出して急激に学力を上げ、国内最高学府に入学したメンサ会員を実際に何人か見てきましたので、僕的にはこのドラマは鉄板で“メンサモノ”です。

 

また、米国ラマの名作『刑事コロンボ  殺しの序曲』に登場する

オリバー・ブラント(セオドア・バイケル)」や「キャロライン・トレイナー(キャロル・ジョーンズ)」もそうですね。

設定が「世界トップレベルの知能指数を持つ者だけが入れる国際的高IQクラブ

シグマ協会(入会条件:世界人口の上位2%のIQの持ち主)” のメンバー」なのです。実際、コレはMENSAがモデルだとも言われていますね。

天才刑事コロンボとの心理戦・頭脳戦は見応えがありました。

有名な「金貨のクイズ」対決も。 

Q:メンサ会員になるには?

 

入会テスト合格証明書入会があります。

もっともシンプルなメンサ会員になる方法は、メンサ入会試験を受けて合格する事。

上位2%のIQを証明できれば、晴れてメンサ会員になれます。

 

尚、執筆現時点(2021年3月)では『入会判定は生涯に3回迄』『不合格であった場合は再入会判定迄に1年の間隔を空けなければならない』『証明書入会には申請日から1年以内に受けたwais-Ⅲwais-IVwisc-IIIwisc-IV、いずれか一つの結果証明書が必要』とありますが、最新の入会テスト情報詳細についてはJAPAN MENSA公式HPをご参照ください。

Q:メンサ会員に上下関係はありますか?

 

特に無いと言っていいでしょう。

上司も部下も、大人も子供もメンサ内では対等です。

なぜなら、メンサとはラテン語で「テーブル」、つまりは円卓を意味します。国籍・人種・宗教・政治・職業・学歴・年齢・入会年月に関係なく、平等な立場となります。大学教授と学生は平等。70歳も12歳も平等です。
社会的しがらみに縛られずに、老若男女問わず、自由に対等に議論を交わす事ができるのもメンサの面白いところです。

Q:メンサには会報誌がありますか?

 

はい。毎月発行されています。
世界向けには『MENSA WORLD JOURNAL』、

日本向けには『卓袱台』があります。
尚、JAPAN MENSA公式HPのホーム画面から見本誌をお読み頂く事ができます。

写真が上手な方、クイズ作成が得意な会員も多いので、なかなか見応えがありますね。イベント報告も楽しみの一つです。

余談ですが、僕が記憶力でギネス世界新記録を樹立した記事が両方に載りまして、その時は世界各地のメンサ会員からFacebookで友達申請がありました。

実際にお会いした事が無い方はお受けしませんでしたが、その影響力の大きさを改めて感じましたね。

Q:『MENSA SELECT』って何ですか?

 

メンサのアメリカ支部により毎年発表されるゲーム賞の事です。

ゲームの魅力、オリジナリティなど様々な要素で5作品が選出されます。

受賞作のパッケージには、メンサセレクトのロゴが入ります。

世界でもっとも有名な高IQ団体おススメのボードゲームという事で、人気を博すとか。

 

余談ですが、メンサ会員にゲーム好きは多い印象があります。

ボードゲームは勿論、テレビゲーム・競技カルタ・将棋・囲碁・チェス 等。

ゲームで勝つ為には、記憶力・理解力・思考力・応用力・洞察力・類推力・推理力・集中力 等々、正に頭脳をフル活用する必要があります。

頭脳スポーツ、マインドスポーツだけではありません。

スポーツIQ」という言葉もありますが、主に身体を使うスポーツも同様です。

ルールや対戦相手の特徴を正しく理解し記憶し、特定の条件下に於いて如何に攻略するかを考える。

 

メンサの例会やオフ会で、メンサ会員同士の対戦を観る事があります。

一度「これぞ天才天才の対決だ!」という白熱バトルを目の当たりにした際は、興奮が収まりませんでした。(*´-`)

Q:メンサ会員の有名人は?

 

最近は、芸能人や文化人のメンサ会員も増えてきました。

クイズ番組などでメンサの会員証をご覧になった方もいらっしゃる事でしょう。

 

元祖クイズ王」の京大芸人ロザン宇治原史規』さん。高知能オーラ凄いです。 何回かテレビでご一緒させて頂いたのですが、一番嬉しかったのは「痛快!明石家電視台」出演時にあの明石家さんまさんに僕の事を細かく説明してくれた事です。非常に光栄でした。

東大芸人」の『藤本淳史』さん。テレビ番組での記憶力対決IQクイズ対決は楽しかったです。とても優しい雰囲気の方でした。

仮面ライダー俳優」としても有名なインテリイケメン俳優の『岩永徹也』さん。個人的に、福岡出身というのも嬉しい所です。

声優さんにもいらっしゃいます。アニメ「七つの大罪」でエレインを演じられた気声優小岩井ことり』さん。メンサ合格時に「俺がメンサ」と報告ツイートをされた『小松昌平』さん。そして超人気ゲーム「モンスターハンター:ワールド」で学者を中心に構成された「新大陸古龍調査団3期団」の期団長で脳科学を専門とする天才学者を演じられた『きそひろこ』さん。

メンサの好感度、爆上がりです。

ミスター東京大学コンテストグランプリ」のフジテレビアナウンサー安宅晃樹』さん。アナウンサーの肩書は信頼性絶大です。この様な立場の方がMENSA会員というのは、正直メンサに箔が付くというものです。あ、個人的見解です。

漫画家の『桃雪琴梨』さんや『平沢ゆうな』さん。イメージいいです。

漫画家さんの想像力や創造力は偉大です。

筑波大学附属高校から早稲田大学に進学し、公認会計士や税理士の資格を持つ同級生とお笑いコンビを結成した「Gパンパンダ」の『岡部一平』さん。

以前お会いした際、めちゃめちゃ爽やかな長身イケメンぶりに驚きました。

「来年はメジャーになりますから!」と仰っていましたが実際有名になってきているので正に有言実行の方ですネ。

ハーバード大学を卒業した「パックンマックン」の『パックン』さんは米国メンサの会員でした。

あと、全世界で2億本以上を売り上げる世界的ゲーム「マインクラフト」の開発者マルクス・ぺルソン』さんはスウェーデンメンサの会員ですね。

マインドマップ」考案者であり「世界記憶力選手権大会」創設者の『トニー・ブザン』さんも。

過去、会員だった方には「世界三大SF作家」に数えられる二人がいます。「2001年宇宙の旅」でも有名な『アーサー・C・クラーク』さん。

ロボット工学三原則」で有名な『アイザック・アシモフ』さん。

 

歴史ある国際クラブだけあって、世界中に多くの著名人有名人会員が在籍しています。

Q:メンサあるあるとは?

 

メンサ会員あるある、ありますね。

まぁ「高IQだけ」が入会条件なので色んな人がいますよ。

まぁ「こんなメンサ会員がいたとです」的なお話しにもなりますけどね。

あくまで個人的に見てきた話なんで、偏見も入っちゃうと思いますので参考までに。

 

◆『めちゃくちゃ早口な人がいる』

◆『元々めちゃめちゃ早口だけど、ヒトとコミュニケーションをとる上で、頑張ってゆっくり喋るようにしている人がいる』

◆『元々めちゃめちゃ早口だけど、ヒトと喋る時もやっぱりめちゃめちゃ早口で喋る人がいる』

◆『難しい事を簡単に考える人がいる』

◆『簡単な事を難しく考える人がいる』

◆『1を聞いて10を知る人がいる』

◆『1を聞いて100を知る人がいる』

◆『10を聞いて1を知る人がいる』

◆『極度の照れ屋さん恥ずかしがり屋さんな人がいる』

◆『会う度に「若い時はパチンコで食ってた」と言う年配の人がいる』

◆『比較的高い確率で左利きの人がいる』

◆『会話していたら、話がどんどんころころ変わる人がいる』

◆『めちゃめちゃ早口でどんどんころころ話が変わっても、お互いメンサ会員同士だと、なんやかんやで会話が成り立っている人達がいる』

◆『この世のものとは思えないくらい筋肉モリモリの人がいる』

◆『本気で「M-1グランプリ2021」に出場しようとしている人がいる』

◆『「うち、テレビ置いてませんよ」と言って本当にテレビを置いてない人がいる』

◆『ヒトのIQ値を聞いた時に、大事な事とはいえ執拗に「そのIQテストの標準偏差って、 SD15?SD16?SD24?」と聞く人がいる』

◆『メンサのオフ会で、1割にも満たない女性会員と楽しそうに喋っている男性会員を横目で睨みつける人がいる』

◆『「仮に」と言えばいいのに、なぜかわざわざ「よしんば」と言いたがる人がいる』

◆『多分、デスノートの「L好き」なんだろうけど、よくL座りしている人がいる』

◆『脳トレと計算力アップの為に、ひたすらトランプカードの英数字を1枚1枚足していく「トランプ暗算」を習慣化している人がいる』

◆『リアルで会うとめちゃめちゃ温厚で優しい雰囲気なのに、ネット上で文字でのやり取りになると、なぜかめちゃめちゃ攻撃的になる人がいる』

◆『多分、秘密結社フリーメイソンに入っているなと思われている人がいる』

◆『「もともと左利きだったんだけど強制されて右利きになったんだよね」という右利きの人がいる』

◆『地球外生命体の存在について「信じる信じないの話ではない。いつ会うかの話。このクソ広い宇宙で僅か直径13000㎞の地球にしか生命が存在しないとかありえないでしょ?」と語る人がいる』

◆『ああいえばこういう人がいる』

◆『ひと月前まで普通の会社員だったのに、次会ったら突如「起業家」に転身している人がいる』

◆『なにかにつけ、ウマいこと言おうとする人がいる』

◆『絶対に人前では歌わない人がいる』

◆『読書好きで、年間300冊読む人がいる』

◆『何が本職か分からないくらい、副業をしまくっている人がいる』

◆『目隠しルービックキューブの達人がいる』

◆『テレビのクイズ番組で優勝した人がいる』

◆『ハイレベルな論客だけど、「どーでもいいけど鼻毛出てるよ」と言うと急にあわあわして大人しくなる人がいる』

◆『友達相手にもすぐ権謀術数を用いる人がいる』

◆『都市伝説や宇宙人系にめちゃめちゃ詳しい人がいる』

◆『聞いてもないのに「家で勉強した事ないな~」と言う東大生がいる』

◆『メンサカップルで、「もし俺が浮気したら、多分事故に見せかけて殺されるんだ。完全犯罪だ!」と、怯えている人がいる』

◆『軽いノリで手品を披露するが、意外にもプロ級な為、周囲をビックリさせる人がいる』

◆『そろばんを子供の頃からやっていたらしくフラッシュ暗算ができるらしいが、なかなか披露する場がない人がいる』

◆『聞いた事がない資格が8割だが、異常な数の資格を保有している人がいる』

◆『ハンニバル・レクター博士のように、記憶の宮殿」を使える人がいる』

◆『北海道でも東京でも名古屋でも大阪でも福岡でも、どこのオフ会に行ってもなぜかいつもいる人がいる』

◆『「四字熟語は現代の兵法書ですよ」と諭してくる10代の人がいる』

◆『幼少時のあだ名が「昆虫博士」の人がいる』

◆『メンサ会員同士が結婚して、やっぱり子供も神童だった人がいる』

◆『累計発行部数1500万部以上でアニメ化や舞台化もされてるのになぜか知名度が高くない銀河英雄伝説の話がふつ~にできる人がいる』

◆『カラオケに誘うと「カラオケ?聴いてるだけでもいい?」と言う人がまあまあいる』

◆『テレビの名物司会者の様な話し方をする人がいる』

◆『メナード化粧品のTVCMでMENARDという文字ロゴを見て、思わず「MENSA」を想い出してほっこりする人がいる』

◆『たまにだけど、めちゃめちゃルックスが良い人がいる』

◆『好きな事や興味がある事には熱中し過ぎて、周囲の声が聞こえなくなる過集中状態になりがちな人がいる』

◆『オフ会や公式例会の参加者に、たまに本を出版した人がいる』

◆『オフ会や公式例会の参加者に、稀にテレビに出ている人がいる』

◆『オフ会や公式例会の参加者に、SNSで交流はあるが初対面のメンサンを見かけた時に「あ、Facebookでお世話になってます。なんか芸能人に会った気持ちです!不思議ですね~。(*´-`)」という人がいる』

◆『「高IQ者だったら、はっきり言わなくても“例え”で諭せば通じるでしょ」と何かにつけ「例え話」をする人がいる』

◆『高IQ者だが、「例え話」や「イヤミ」の本意が理解できず、「回りくどい言い方しないで、はっきりストレートに言ってほしい」と思っている人がいる』

◆『「例え話を言う人」と「例え話が通じない人」との会話を、もどかしくハラハラした気持ちで聞いている人がいる』

◆『「世の中、“絶対”は無いんだよ」と言うので「それは絶対か?」と聞くと「絶対だ!」と言う人がいる』

◆『名門小学校⇒名門中学校⇒名門高校⇒名門大学⇒超一流企業と、非の打ち所の無いエリート街道を歩んできた人がいる』

◆『高知能者過ぎて周囲と馴染めず、所謂 浮きこぼれ、レールから外れたが、いつ大化けしてもおかしくないダイヤの原石の様な人がいる』

◆『本人曰く速読のプロな人がいる』

◆『「父方は清和源氏、母方は嵯峨源氏の末裔です」と言う、見るからに育ちの良い人がいる』

◆『幾つになっても、父親をパパ、母親をママと呼ぶが、「一生呼び方は変えないよ」と信念を持って公言する人がいる』

◆『たまに桁外れにお金持ちの人がいる』

◆『16連射ができる人がいる』

◆『絶対音感を持つ人がいる』

◆『迷路を解くのが異常に早い6歳の子供を持つ人がいる』

◆『記憶力を維持または向上させる系のガムやお茶やサプリメントを愛用している人がいる』

◆『言葉にする夢が異常にデカいが、「こいつなら本当に叶えるかも知れない」と思わせる人がいる』

◆『ヒラリー・クリントンの後輩な人がいる』

◆『ちょくちょく子供の頃に水泳とピアノを習っていた人がいる』

◆『楽しみにしていたスポーツの結果や映画の結末など、すぐにネタバレする人がいる』

◆『大人にも子供にも、上司にも部下にも、基本的に「敬語」でしか喋らない人がいる』

◆『部屋が暗ければ電気のスイッチを押せばいいだけなのに、なぜか「どうやったら明るくなるか」を深く考え始める、至極考えるのが好きな人がいる』

◆『「あ、俺なんかみんなに較べたら何にも無いです~」と言うが、掘ってみたらパイロット免許の保有者だった人がいる』

◆『昔々、「世界記憶力選手権(メモリースポーツ、マインドスポーツ)」なる記憶力大会がイギリスで開催される事を知り、「そこに行けば本物のサヴァン症候群の人や記憶超人に会えるかも」と思い、ほぼ飛び込みで単身赴くも、競技者(メモリーアスリート)の観察や聞き込みに熱中し過ぎて、数種目でゼロ点を取ってしまった人がいる』

◆『SNSで誤字脱字は絶対にしない!を絶対のルールとして己に課す人がいる』

◆『ちょくちょく「父親もだけど、特に母親のIQと記憶力が高いんですよ~」と言う人がいる』

◆『ピンチになるとすぐ「あ~あ~、こんな時ドラえもんがいたらなぁ~」と言う人がいる』

◆『頭脳分野のギネス世界記録を作った人がいる。しかもギネス記録で最も難しいと言われる「その記録自体を世で初めて生み出す」事に成功し、樹立者であり永遠の初代世界記録保持者になった人がいる』

◆『遅刻しそうになると「やべぇ!今だったら俺、神龍の権利使っちゃうかも!」と言う人がいる』

◆『占いのプロの人がいる』

◆『稀にだが “ひょうきん” な人がいる』

◆『「生まれた瞬間の記憶があるんだよね。まぁ、テレビや本で見た情報を自分のモノだと誤認識している可能性も否定できないけどね」と言う人がいる』

◆『インド式計算法をマスターしている人がいる』

◆『「漢字博士」を自称し、漢字検定1級に何回も合格している人がいる』

◆『驚くほど腰が低い人がいる』

◆『「変わってるね」と言われると、「褒められた」と解釈する人がいる』

◆『普段は右利きだけど、歯磨きの時は意識して左利きにスイッチする人がいる』

◆『「無になって手先を使って繰り返す作業が脳に良い」との事で、一日5分はジャグリングをする人がいる』

◆『記憶力が異常に良く、一度会った会員の顔と名前や職業や会話内容等をはっきりと憶えている人がいる』

◆『難しい話を、会話相手に合わせて分かり易く説明できる人がいる』

◆『難しい話を、会話相手に合わさず難しくしか説明できない人がいる』

◆『「鬼滅の刃」を熟読し、「孫子の兵法」の様にビジネスに活かしている人がいる』

◆『まぁ正しい話ではあるが、「“ 既存 ” の読みは “ キゾン ” じゃなくて “ キソン ” ね。“ 代替 ” は “ ダイガエ ” じゃなくて “ ダイタイ ”。“ 雰囲気 ” は “ フインキ ” じゃなくて “ フンイキ ” ね。“ 港区白金 ” は “ シロガネ ” じゃなくて “ シロカネ ” 。あと、“ 的を得る ” じゃなくて “ 的を射る ” ね。それと、“ 確信犯 ” の使い方を間違っているヒト、多いよね」と、漢字や日本語の使い方に厳しい人がいる』

◆『林修先生の教え子だった人がいる』

◆『超ショートスリーパーの人がいる』

◆『クイズ大会など、頭脳分野の競技会で入賞経験がある人がいる』

◆『5ヶ国語話せるマルチリンガルな人がいる』

◆『5歳にして世界中の国旗と国名をスラスラ暗唱できる子を持つ人がいる』

◆『文字に色を感じる共感覚者な人がいる』

◆『メンサについて異常に詳しいMENSAマニアな人いる』

◆『「このヒトは私の味方なのか敵なのか」を、さり気なく何回も確認しようとする人がいる』

◆『「歴史のif」を語り出すと止まらなくなる歴史ファンタジー好きな人がいる』

◆『体の大きな親友に「今度から “弁慶” って呼ぶから」と伝えるも、普通に断られた源義経好きな人がいる』

◆『多分、デスノートやスパイ映画の影響なのだろうが、自分の事をアルファベット一文字の「コードネーム」で呼ばせようとする人がいる』

◆『話すとすぐに「落研出身」が確定する人がいる』

◆『「人気のオンラインサロンを運営しています」という人がいる』

◆『何者かは分からないが、ビジュアル的に天才キャラぶりが凄い人がいる』

◆『「主夫になって家庭を支えたいんです!」と言って、養子先を探している人がいる』

◆『人気かどうかは分からないが、YouTuberがちょこちょこいる
◆『なりたい職業を聞くと「幸せな仕事がいい。大手懸賞の当選者に、当選しましたって電話を掛けるだけの仕事とか」と答える人がいる』

◆『トランプゲームの神経衰弱が無敵すぎて、2束104枚用意して完全に数字もマークも一致しないと取れない完全神経衰弱(パーフェクト神経衰弱)で、1人対相手は5人掛かりでも負けない人がいる』

◆『「寿命は200年だと思ってる。だから僕はまだまだヒヨッコだよ。人生これからだ。色々アグレッシブに挑戦していくよ」と言う40代の人がいる』

◆『今どきの「ら抜き言葉」に、異常に厳しい人がいる』

◆『胎教幼児教育英才教育天才教育と、産まれる前から今に至るまで特別な教育を受けまくっている人がいる』

◆『本気で「週休7日」「毎日が夏休み」を目指している人がいる』

◆『「マジシャンの中に本物の魔法使いが混ざってると思う。もし私が本当に魔法を使えたら、やっぱり安全上公言できないから、そういった形で仕事にすると思う」と言う人がいる』

◆『言動や立ち居振る舞いから、本当に頭が良い人はこういう人なんだナ、

と思える人がいる』

◆『プロファイラー・メンタリスト・FBI心理分析官ばりに、ヒトの心理を読むのが巧みな人がいる』

◆『ジブリ作品「となりのトトロ」の台詞を丸暗記している人がいる』

◆『みんなでワイワイ楽しんで手品を見ていても、ひとりだけタネを見抜く事に異様な執念を燃やしている人がいる』

◆『「後世、お札の肖像に選ばれるのが夢であり目標だ」という人がいる』

◆『嫌な記憶や苦手意識を、自在に消す事ができる人がいる』

◆『兎にも角にも、天才や超人が大好きで、天才キャラが登場する映画やドラマを見まくっている人がいる』

◆『周囲から浮くのを怖れる人もいるが、「人間、浮いてなんぼ」と思っている人もいる』

◆『集中力とイメージ力が強過ぎて、自在に「フロー状態」になれる人がいる』

◆『甘いモノが大好きな男性会員でスイーツ男子グループを結成し、スイーツパラダイスの常連になっている人がいる』

◆『中学や高校時代に全国模試1位を獲ったという人がちょくちょくいる』

◆『人と喋る時に、必ず “腕を組む” 人がいる』

◆『黒板に書かれた誤字脱字など、先生の過ちを指摘するのに命を懸けている人がいる』

◆『オフ会や飲み会などで、他の会員からどんな突拍子も無い考えや話を聞いても、決してドン引きせずに、必ず共感から入る人がいる』

◆『異常に涙もろい人がいる』

 

Q:「メンサン」とは何ですか?

 

メンサ会員の事です。「MENSAN」ですネ。

 

Q:メンサ会員になる一番のメリットは?

 

人によって「モテる」「仕事で有利になる」「テレビに出られる」等、
色々メリットはありますが、やはり一番は、ヒトとの出会いだと思います。

世界的交流団体なので、日本はおろか世界中の “IQ148以上” の知能指数を誇る会員と交流する事ができます。

SIGHT」というプログラムがあり、各国コーディネーターが会員間を繋げてくれます。

例えばフランスのマルセイユに行くのであれば、予めコーディネーターに連絡しておけば、その地域で有志が歓迎してくれる可能性があります。

勿論、来日した外国人メンサ会員を、気持ちと都合が合えば出迎える事ができます。

国内に於いても北海道から沖縄まで全国各地に会員がいるので、例えば「今度福岡に行きます!美味しいラーメン屋さん、教えて!」と言えば、現地の会員がならではの情報を教えてくれたり、付き合ってくれたりも。

「メンサ」という強力でレアな共通点により、妙に「仲間意識」や親しみを感じる事もありますね。
ちなみに、「高IQ者」というと「人生楽勝でしょ」なんて思われる事もありますが、必ずしもそうではありません。ならではの“孤独”を感じて生きてきた方も多いです。この誰にも言えなかったり理解されなかった「ならではの悩み」が、実はメンサ会員の間では「あるある」だった時の、スッとする気持ちは何とも救いだったりします。「あぁそれね。あるある。私も子供の頃そうだったわ」とか当たり前の様に返ってきたりします。(笑)

 

また、「活動的な」「面白い人」に出会えるのも利点ですね。

世の中にIQ148以上の人はそれなりにいますが、メンサで出会うのは、当然ながら「IQ148以上」且つ「メンサ入会試験を受け、合格し、実際に入会」という行動を起こした人です。
つまり、自分の知性や知能を認識し、自信を持ち、行動に移せる人達。

その様なアクティブな人達との交流はなかなかに刺激的です。

 

また、普通に仕事だったり生活していたらおそらく出会う事は無いであろう、

いわゆる「スゴい人」に出会う事があります。

とんでもない経歴や職業、特技を持つ人達。

また、芸能人や警察官、経営者に画家、お花屋さんやお医者さんなど幅広い業種の会員がいるので、親しくなれば、ならではの話が聞けたりもします。

発想が天才的であったり、感覚が常人離れしている人もいるので、

仕事や人生のヒントになる事も。
これは非常に刺激的で魅力的な事です。

ちなみに、友人・仕事相手・パートナー・上司・部下など、関係が発展する事もありますね。

 

ここまででお気付きの方もいらっしゃると思いますが、
メリットを求める人は多くのメリットを得、メリットを求めない人はメリットを得ないと思います。

人それぞれなので絶対に誰にとってもメリットがあるとは言えません。

 

意欲的で能動的な人にとってはメンサは宝箱になり得るでしょう。

 

 

Q:メンサ会員になると、モテますか?

 

人によってはモテると思います。

メンサ自体に何も感じない人もいれば、それなりの評価をする人もいます。

人によって様々思う所はあるでしょうけど、「運動神経が良い」「ルックスが良い」のと同じで、IQが高いというのはモテる要素にはなると思います。

必ずしも「高IQ者=頭が良い」ではありませんが、実際に同義と認識される事も多く、「頭が良い人が好き」な人は確実にいらっしゃるからです。
ただし、IQの高さを自分の為や人の為にプラスに使うのは良いですが、色々な意味でマイナスに使う人は決して好かれないのではないでしょうか。

メンサ内に於いても、それは感じます。

 

Q:メンサ会員になると仕事に有利?

 

人によっては有利になると思います。

私見ですが、個人事業主やフリーランスなど、自分自身がウリになっている人は、差別化を図る意味でプラスに働きやすいと思います。

タレントさんが最たる例です。

ちなみに、「自分がメンサ会員である事を公言しているか」はメンサ会員間でもよく話題にのぼります。

士業や経営者、フリープログラマーなど、比較的内部には遠慮せずに済み、

外部には自分をアピールする必要がある方に、公言派が多い印象です。
対して、会社員の方には同僚や上司部下に伝えていない人が多い様です。
理由としては「自慢と思われてしまう」「メンサ会員だったらこれくらい簡単に出来るでしょ?とハードルが上がってしまう」との事です。

ただし、「外資系で、本社の役員がメンサ会員だからか尊重されている」

「誰かと意見が分かれても、あの人が言うのだからという理由で選ばれる事が多い」「仕事で結果さえ出せば、流石と言われて、より高く評価される」

「支社対抗のオンラインクイズ大会があり、問答無用で代表に選ばれて、しっかりと優勝したのでそれからは英雄になりました」など、サラリーマンの方でも

会社や職種、立場によってはプラスになる事もある様です。

という訳で、「IQが全て」でマウントを取る為に公言する人はマイナスに、

自分のステータスであり能力の証明やアピールの為に使い、且つ「結果が出せる」人にはプラスになる印象ですね。

 

Q:MENSA会員特有のエピソードは?

 

驚きの天才エピソード神童エピソード。逸話の数々、聞きますね。

仕事や日常での驚異的パフォーマンス人間離れした特技

子供時代のギフテッドチルドレンぶり
言える範囲のものは、上記の「メンサ会員あるある」欄に記載しましたのでご参照ください。

 

Q:やっぱり高学歴の人が多いんですか?

 

今まで見聞きした上では、やはり高学歴の会員は多い印象です。

例えば、東京での集まりでは早稲田・慶應・東京大学出身者をよく見ます。

勿論、現役の学生も。

関西では京都大学大阪大学名古屋大学出身。

福岡では九州大学出身です。

他に、医学生もよく見ます。

 

ただ、メンサ会員全員から聞いた訳ではなく、あくまでオフ会などでご自身が公言、若しくはFacebook等で公開していた情報ですので、偏りがあるかも知れません。

 

ちなみに、よく「メンサ会員はみんな勉強ができたんでしょう?」と聞かれる事がありますが、必ずしもそうではありません。

運動神経の良い人が、必ずしもラクロスが上手いとは限りません。

また、「浮きこぼれ」という言葉があり、IQが高過ぎるが故に、周囲から浮いてしまい、学校に馴染めない子がいます。

贅沢な悩みと思われるかも知れませんが、実際に苦悩する子供は多いのです。
例えば、授業中に一生懸命ノートを取ったり教科書に蛍光ペンを引く子は先生から見れば「勉強を頑張っている子」であり、ノートも取らずにただボ~っと聞いている子は「サボっている子」に映ります。

実際、黒板に書かれた内容をノートに写している間は、先生の話は半分も聞き取れていないと思います。先生の話を “聞くだけ” で理解や記憶ができるならば、先生の話にただ集中すれば良いのですが、怒られたり浮いたりするのを怖れ、無理にノートに書く・・・等して段々と勉強が嫌いになる子がいます。

昔、「エジソンの母」というドラマがありましたが、周囲のギフテッドに対する理解が乏しいと、色々大変だと思います。本人にとっても関係者にとっても。

 

「1を聞いて10を知る」頭脳明晰な方であっても、1を聞かなければ0は0です。

学力は即ち学習によって向上しますので、そもそも学習していなければ高い学力は得られません。

例えば、天才中の天才である「アルベルト・アインシュタイン」に、突然
日本史や古文の試験を受けさせても良い点数を取るのは難しいでしょう。

もし仮に高得点を取れたなら、それは即ち日本史や古文を “勉強していた” というだけの話です。

勿論、学習もしていないのに、天才だからといって生まれながらに「1866年薩長同盟」を知っているはずがありません。

 

ただ、ポテンシャルが非常に高く、「リアルやればできる子」は多いので、実際に勉学に興味を持ち、本気で学習したならば、やはり学業優秀になる可能性は高いと思います。

実際、「同級生の平均的な勉強時間の10分1程度で同じ成績をあげていた」「偏差値40代から約3ヶ月の勉強期間で東大に合格した」

「進みたい道が他にあったから受験勉強はしなかったけど、授業での内容は全て理解や記憶ができていたので、時間を有意義に使えた」という方もいます。

また、「大学に進学せずに長く社会人をやっていたが、メンサ会員との交流で刺激を受け、突如学び直しの為に高偏差値の有名大学に入学した」という人も。

 

ちなみに、個人的には、「IQ(知能指数)」というのはパソコンで言う「CPU(中央演算処理装置)」に似ていると思います。「記憶力」は「HDDやSSD(記憶装置)」
「Core i9」等の優れたCPUや大容量のHDDを搭載していても、ソフトウェアを何もインストールしていなければ、単なる「箱」でしかありません。

何もできない。しかし、とんでもないポテンシャルは秘めている。

人間も同じで、優れた頭脳や記憶力を持っていても、勉強していなければ勉強はできないし、勉強していれば勉強はできると言えるでしょう。

 

Q:メンサ会員が集まるイベントとは?

これもいっぱいあります。「石を投げればメンサ会員に当たる?」的な「見渡す限り全員メンサ会員!」の大規模イベントも。世界中のMENSA会員が集まるIBD(International Board of Directors)とか、アジア中のMENSA会員が集まるAMG(Asian Mensa Gathering)とか、日本中のメンサ会員が集まる日本総会とかクリスマス会とか。

もちろん、ジャパンメンサ公式イベント以外に、個人で立つイベントもいっぱいあります。

日本全国どこかしらで、月に30件ほど立ってましたね。

クイズ大会系、小倉百人一首系、クッキング系、飲み会系、教育系、ツーリング系、様々です。

海外メンサンが来日した際は有志が集まって歓待したりも。

勿論コロナ前ですけどね。

コロナ禍に於いては、やっぱりZOOMなどのオンラインイベントが主ですね。

 

近日加筆予定。

 

Q:メンサ会員証ってどんなの?

世界各国、支部により独自のデザインがあります。

材質も、チタンだったりプラスチックだったり紙だったり。

個人的には、台湾メンサの会員カード、めちゃめちゃカッコいいと思います。すんごいんだから。

 

後日執筆予定。

 

Q:メンサグッズってあるんですか?

色々あります。

バッジやらボールペンやらコップやらバッグやらファイルやら色々です。

海外のメンサには通販やってるトコもありますね。

 

後日、加筆予定。写真画像、アップするかも。