★ メンサ会員シンの【天才超百科】壱日壱天才。天才レーサー角田裕毅。

天才レーサー:角田裕毅

F1直下のカテゴリー FIA F2に参戦する天才レーサー角田裕毅。2020年第2戦シュピールベルク予選にてポールポジション獲得。F1で勝てる逸材か。将来の日本人初F1世界チャンピオンか!? メンサ会員シンの天才超百科-壱日壱天才。天才超事典。天才レーシングドライバー角田裕毅の凄さとは?

メンサ会員宮地真一が独断と偏見で「ね、天才でしょ?」な天才を紹介する
シンの天才超百科
壱日壱天才

 

天才レーサー角田裕毅

  

FIA F2 第2戦 シュピールベルク予選。
『フォーミュラ2』デビュー2戦目にしてポールポジション獲得!!

 

F1直下のカテゴリーでこのパフォーマンスは凄い!

 

 

 

また、真の天才らしく、実績が凄い。

 

幼少期からレーシングカートでチャンピオン獲りまくり。

四輪にステップアップしても、

F1日本GP前座の『スーパーFJ ドリームカップレース』優勝

全国各地のチャンピオンが集う『スーパーFJ 日本一決定戦』優勝

 2017年JAF-F4 東日本シリーズ』チャンピオン

『JAF-F4 日本一決定戦』優勝

2018年『FIA F4選手権』チャンピオン

2019年『FIA F3選手権』参戦初年度で優勝(イタリア・モンツァ)。

 

また、実力が引き寄せた幸運として、

レッドブルホンダの育成ドライバーでもある。

※実力だけで昇り詰めるのは難しいレースの世界で、このサポートは大きい!! メルセデス激ツヨだけど、レッドブル・ホンダF1はこれからもっと強くなる!!

 

そして、名門カーリン所属!

※イギリスF3選手権チャンピオン&F3“世界一決定戦”「マカオGP」や「マールボロマスターズ」を制した佐藤琢磨が所属したチーム。

 

これはひょっとすれば1年目から結果(ランキングトップ4に入りF1参戦に必要なスーパーライセンス獲得)を残し、来年F1昇格あるかも?

もしくは2年目である来年度にチャンピオンとなり、満を持してF1パイロットとなるか!?

 

極めて近い将来(最短2022年迄に?)、小林可夢偉以来の

日本人フル参戦F1ドライバーが誕生するのを確信する。

 

あぁ、もしかしたら、ただのF1レーサーではなく、

F1で勝てるドライバー

日本人初の「F1世界チャンピオン」が爆誕

するかも知れない。^^

 

 

さて、今年のライバルは、

◆同じレッドブル育成(レッドブル・ジュニアチーム所属)でカーリンチームメイトのインド人ドライバー:ユアン・ダルバラ

◆昨年のFIA F3チャンピオン(初代王者):ロバート・シュバルツマン

F1歴代最多7度の世界王者となった “皇帝” ミハエル・シューマッハの息子で、フェラーリ育成ドライバー(フェラーリ・ドライバー・アカデミー所属)でもあるミック・シューマッハ

 

そして、同じ日本人参戦ドライバーの

全日本F3選手権やフォーミュラチャレンジ・ジャパンの王者で、

昨年FIA-F2でポールポジション&優勝を経験した松下信治

佐藤万璃音も楽しみ。

 

プレッシャーを楽しむ強靭なメンタルも併せ持つ様だし、

バックアップを受けるレッドブル&ホンダは、F1でも勝てるチカラを持っているし。

 

サッカーの久保建英、野球の大谷翔平しかり。

海外で活躍し、外国人から絶賛される日本人の姿を見るのは嬉しいもの。


めちゃめちゃ楽しみだ!

 

 

ね、天才でしょ?

 

 

 

 

P.S.  個人的には、将来F1の舞台でフェルディナント・ハプスブルク』と

しのぎを削る姿も見てみたい。

あの「ハプスブルク家」出身で、
2017年マカオGPに於いて、最終ラップの最終コーナーをトップで駆け抜けるもクラッシュし、4位で終わった「幻のマカオウイナー」

世界的にめちゃめちゃ盛り上がると思う。

 

P.S. 2  1984年公開の東宝映画F2グランプリを観てみたくなった。

当時国内最高峰のフォーミュラカーレース『全日本F2選手権』を題材にした中井貴一さん主演映画。激レアである。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上である。 by シン