· 

★ 漫画 『 センゴク 』 に見る 忍者の記憶術。

戦国の世を生々しく描く 『 センゴク 』。

 

その第6巻で、ニンジャの記憶術が描かれている(ちょっとだけ)。

 

主君に物見報告する際、

体の部位に触れて情報を甦らせる透破(すっぱ)。

鼻に触れ 『 河内にては・・・』

耳に触れ 『 南河内にては・・・』。

 

コレは場所法の一種。

体の部位パーツを記憶の引き出し(フック)にする記憶法。

 

メモを取る事も、それを持ち歩く事も許されなかった忍者にとって、

記憶術は絶対のスキルだったのだ。